デザイン専門学校で取得しておくべき資格とは?

デザイン専門学校で取得しておくべき資格とは? デザイナーには資格が必要ないので、必要になるスキルを身に付けていればなる事はできます。
しかし、資格を取得していれば自分をアピールする手段になるので、取得しておいた方が就職などで有利になる事が多くなります。
デザイン専門学校を卒業していれば、デザインなどに必要なスキルを身に付けている証になります。
デザイン専門学校卒業にプラスして、Webデザイナーやグラフィックデザイナーやインテリアデザイナーなどの資格があるとさらに有利になってきます。
Webデザイナーは、ウェブデザイン技能検定が行われています。
この検定に合格すると、ウエブデザイン技能士になる事ができます。
DTPエキスパート認定試験に合格すると、DTPエキスパート認証証が発行されます。
グラフィックデザイナーとして働く時に有利なスキルになります。
インテリアコーディネーター試験に合格すると、インテリアコーディネーター免許証明書が発行されます。
インテリアデザイナーとして働く時には、取得していた方が有利になります。

デザイン専門学校で取得できる「就職に有利な資格」とは?

デザイン専門学校で取得できる「就職に有利な資格」とは? 一口にデザイン専門学校といっても、グラフィックデザイン、建築デザイン、インテリアデザイン、ファッションデザインなどいろいろあり、それぞれに取得できる「就職に有利な資格」も変わってきます。
それぞれの分野で、たとえば建築デザインなら二級建築士、インテリアデザインならインテリアコーディネーターなど、仕事に直接関わる資格を取得することができます。
ほかにも、クリエーターやデザイナーを目指すという視点で共通して使える資格としてあげると、カラーコーディネーター検定や色彩検定などの感覚的なものを知識として身につけるものと、あらゆる分野で応用がきくウェブデザイナー検定やDTP検定などパソコンを実務で即戦力的に使いこなす力を身につけるものがあります。
それぞれのデザイン専門学校で学びながら、さまざまな資格にチャレンジしてみることは、プロフェッショナルとしてより広い視野、深い知識を得ることに役立ち、自信にもつながっていくものます。