デザイン専門学校では体育祭や文化祭は行われている?

デザイン専門学校では体育祭や文化祭は行われている? デザイン専門学校によって違いはありますが、大抵の学校で体育祭や文化祭が行われています。
体育祭のほうは、さまざまな競技を行うというよりは、ソフトボールやフットサルなど種類を絞っての球技大会というケースが多めとなっています。
入学後にオリエンテーションを兼ねて、新入生同志の交流を深めるために郊外の自然公園などでアウトドアレジャーを楽しむ機会を設けている学校もあります。
デザイン専門学校においては、そういったアクティブ系のイベント以上に重要となっているのが、文化祭です。
学校名を冠した学祭など、名称はそれぞれ違いますが、学生たちの作品発表の場として、単なるイベント以上の意味を持つ重要な機会でもあります。
学校側からは、学生たちの卒業後の就職先として有望な企業への招待状を送り、企業サイドも優秀な学生を探すために訪れます。
文化祭は、学校ぐるみの大規模なプレゼンテーションの場とも言えます。そのデザイン専門学校を目指している高校生にとっては、学校見学の良い機会であり、その学校で学んでいる将来の先輩たちの実力を見ることで、モチベーションを上げることができます。
文化祭は、デザイン専門学校が外部に向けて大きく開かれる日でもあります。

デザイン専門学校の学校行事は絶対参加が必要?

デザイン専門学校の学校行事は絶対参加が必要? デザイン専門学校の学校行事は絶対参加が必要なのでしょうか? デザイン専門学校の行事は、日々の授業で学んだことをいかす学校祭やお祭りへの参加の他に、研修旅行、スポーツ大会などがあることがあります。
学校祭やお祭りでは、作品の展示が主な目的となっているので自由参加ではなく絶対参加が必要になってくることが多いです。
また、スポーツ大会も絶対参加になる学校もあります。
一見デザインに関係ないように思えますが、運動不足の解消や、クラスメイトと親睦を深めるために企画されています。一方、研修旅行は費用もかかることもあり、希望者のみの参加になることが多いです。
行事参加が授業や単位認定の一部になっている学校もありますが、具合が悪いのに無理をしていく必要はありません。
しかし、そのような場合でも参加を強制する学校があるようなので、入学前にオープンキャンパスに参加したり、直接問い合わせたりして自分にあった学校を探しましょう。